吹田操車場跡地コンペ結果発表



大阪の吹田で実施された「吹田操車場跡地まちづくりアイデア募集コンペ」の審査結果が発表されています。



 このコンペは、昭和59年に役割を終えた吹田操車場跡地(約23ha)及び正雀処理場及びクリーンセンター用地(約4.5ha)を対象として、「緑と水につつまれた健康・教育創生拠点」というまちづくりの理念を具現化するアイディアを募集したものです。

まちづくりアイディア部門とネーミング部門が設定されており、まちづくり部門には182件の応募があったそうです。



審査結果によると、以下の通り入選5作品と準入選3作品が選ばれています。



【入選】


  • S×Sの杜(エスエスのもり)

  • 原点になるまち エコアップタウン

  • 空白を埋めるように ・・・まちと暮らしの「骨格」による地域の再生

  • “ちさと(千里)”プロジェクト

  • グリーン・エコ・チューブ-地域をつなぐ環境ネットワークをつくる-



【準入選】


  • 未来へエコの夢運ぶ、みどりと花いっぱいの箱船

  • あすなろまち

  • 「千年の杜」 環境と人・暮らしが調和した健やかで豊かなまち



応募資格は自由でしたが、受賞者は全員関西の方ですね。



□サイト

http://www.suisou-compe.jp/index.html



コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail