投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

ASLA 2018 Awards

イメージ
2018年のASLA賞の発表があり、Landscape Architecture Magazine9月号に詳細が掲載されています。

368の応募作の中から25作品が受賞とのことで、今年も職域の広がりを感じるプロジェクトが多数紹介されています

コミュニケーション部門では、
ハリケーンからの復興への住民参加を支援する取組みやボルティモアの植生による水浄化システム

アナリシス部門では
オレゴンのダム湖周辺の遊歩道計画やアイオワの文化的景観の保全計画

ジェネラルデザイン部門では
ブルックリンブリッジパークやシカゴのリバーウォーク、デューク大学の雨水対策などのキャンパス整備プランが選ばれています


こちらのサイトでも内容紹介されています



セントラルパークを対象とした国際アイディアコンペ/LA+ ICONOCLAST 

イメージ
(LA+より転載)


NYのセントラルパークがエコテロリストによって破壊された、というショッキングなフェイクニュースを用いて、セントラルパーク再生をテーマとした国際アイディアコンペがアナウンスされています。

このコンペは、オルムステッドらが実施したように、セントラルパークを最初から設計することが求められており、今日の都市公園の役割や公園における美しさと機能の一体化などが問われています。

主催はLA+ICONOCLAST(ペンシルバニア大学デザインスクール)
10/10が締め切りで、賞金総額は2万ドルだそうです
審査員や提出図書などの詳細は公式サイトで確認できます

本物のコンペの募集にフェイクニュースを使ったところが、今の時代を反映していて面白いですね。