投稿

Superblocksと健康の関係/バルセロナのまちづくり

イメージ
スペイン・バルセロナでは”Superblocks”モデルを用いた歩行者優先都市実現に向けた社会実験を実施しています。
これは、スーパーブロック(道路で囲まれた一街区)の内部の車の通行を制限し、これまで車道として利用されてきた街路スペースを、地域住民が選択したスポーツやイベントなど別の用途に活用するプロジェクトです。
2016年に開始したこの取り組みは市内で年々エリアが拡大しており、最終的には市内の70%にスーパブロックスゾーンを展開する計画となっています。

この社会実験は、CO2の削減や、交通安全などの便益が期待される一方、車が遠回りになる、不便、夜間の治安が悪くなるなどの否定的な意見もあるそうです。

そのような議論に一石を投じるスーパーブロックモデルと健康の関係を評価した論文が9月に公開されました。
タイトルは「Changing the urban design of cities for health: The superblock model
スペイン、アメリカ、オーストラリアの研究者らの共著となっています。
主な内容は以下の通りです

20歳以上のバルセロナ市民1,301,827人を対象にhealth impact study (HIA) 手法を利用して便益を評価したパラメーターは5つ、air pollution (NO2), traffic noise, physical activity, green space, and temperature.その結果スーパーブロックスプロジェクトが667人/年の早死にを防ぎ、住民一人当たりの平均寿命を約200日延ばし、年間の経済便益(節約効果)は17億ユーロと推定された。健康上の利点は、NO2減少(291人/年)、騒音減少(163人/年)、熱環境改善(117人/年)、緑地開発(60人/年)の早死防止と示されていますスーパーブロックを実装することで、健康に関する便益が生まれることが推定された。この手法は環境問題や気候変動への対応を課題とする他の都市への展開も期待される。

バルセロナといえば観光公害で有名な場所のため、車を締め出すには観光業への影響など様々な課題があったと思います。
社会実験を通して多面的かつ科学的な視点でまちづくりを議論する取り組みは、社会が成熟化する中で重要な視点になりそうです。



スーパーブロック…

都市と農業の関係

イメージ
アマゾンドットコムは米東海岸ワシントンDC近くのペンタゴンシティに第二本社(HQ2)を建設すると発表しています。これに対して、地元の都市農業グループFOUAが本社キャンパス敷地の2%を都市農業スペースとして利用するように求めたという報道がありました。

HQ2への要望書では、「アマゾンと地元が持続的でバイオフィリックな開発を行うチャンス」と記され、都市農業スペースを設置することにより以下のメリットがもたらされると説いています。


● Aesthetically appealing, biophilic focal point event space for Movie nights, public or private receptions, exercise classes, etc.
● STEM plant lab for K-12 research
● Public demonstrations of growing sustainable techniques & methods
● At-scale food production for distribution to local food banks
● Incubator for urban agriculture-focused start-ups
● Encourage public interaction with local food systems

今回に限らず、多様な人が交流し環境課題も大きい都市において農的な土地利用を行う提案は世界中で発表されています。(例えば以下の動画)

単なる食糧生産や緑視の確保だけでなく、都市住民のQOL向上に資するバイオフィリックな空間整備は、今後ますます増加するのではないでしょうか。







ユニバーサルデザイン原則/ASLA

イメージ
ASLA(米国造園家連盟)から近隣開発などにおけるユニバーサルデザインのガイドや原則が発表されています。

ユニバーサルデザイン原則は以下の要素が示されています

Accessible:全ての公共スペースに、身体的・精神的・認知能力に関係なくアクセスできるComfortable: 安心感に加え包括的な帰属意識(an inclusive sense of belonging)が必要Participatory:障害を持つ方や医療関係者と協働Ecological:生物多様性を意識した自然との触れ合い機会の提供Legible:明解でわかりやすいデザインMulti-Sensory: 視覚だけでなく聴覚や触覚も活用Predictable:快適性や安全性確保のため、あらゆる年齢や能力の人に予測可能な空間を提供Walkable / Traversable: 車だけでなく歩行や車いすのため広い歩道や自転車レーンを提供

また、ガイドは以下の5分野が公開されています

近隣/Neighborhoods街路/Streets公園や広場/Parks and Plazas遊び場/Playgrounds庭園/Gardens

例えば、遊び場編では以下の視点が紹介されています(抜粋) ・Multiple forms of play:様々な感覚を活用して遊ぶ空間 ・Landform design:子供が登ったり転がったりジャンプしたり滑ったりする空間 ・Ease of access:視覚をサポートするための地面と遊具の色分けや、緩い傾斜など複数ルートの設定 ・Non-toxic, non-thorny plants: 高アレルゲンの植物を使わない ・Range of sensory engagement:刺激の受け止め方の多様性に対応するため、大きな魅力的な空間だけでなく、小さく静かな場所も用意する ・Materials:静電気を減らすためにプラスチックよりスチールを使うなど ・Accessible equipment:全ての子供がアクセスできるわけではないが、車いすでアクセスできるブランコを用意するなど出来るだけアクセス可能にする ・Interpretive signage: サインの設置位置は高さに配慮、点字を用意するなど
加えて、遊びは子供の為だけでなくあらゆる世代に必要なもののため、シニア向けの設備も…

Design with Nature Now/関連情報

イメージ
ランドスケープ関連のベストセラー書”Design with Nature”の発行50周年を記念して、ペンシルベニア大学で Design With Nature Now Conference が6月20-22日に開催されました。
貴重な議論が交わされているので関連情報を備忘録として貼り付けます

■総合案内のHP

■基調講演及び鼎談の動画
気候変動、人口の都市への集中、科学技術の発展など今何が起きているのか、これからどんな方向に向かうのかが議論されています。

Design With Nature Now Conference Keynotes from PennDesign on Vimeo.


■関連する展示会の情報
図書館の蜂のデコレーションが素晴らしい!

(写真はKarin Hananel撮影を転載)

■マクハーグセンターのFB
https://www.facebook.com/pg/McHargCenter/posts/?ref=page_internal

■本国際会議の紹介動画

Design With Nature Now from PennDesign on Vimeo.

■書籍
今年の10月に発行予定の書籍” Design with Nature Now ”
https://mcharg.upenn.edu/book

■CITYLABの紹介ブログ
https://www.citylab.com/perspective/2019/06/landscape-architecture-design-with-nature-ian-mcharg-books/590029/





注意力・配慮力と自然の中での休息/ バイオフィリックデザイン+α

イメージ
仕事の生産性向上の重要な資源である、注意力の向上(Attention Enhancement) が、電子デバイスの使用によって損なわれる一方、公園での休息など自然との触れ合いにより回復するが、そこには+αの工夫が必要という趣旨の論文の備忘録

論文タイトルは”How to Waste a Break: Using Portable Electronic Devices Substantially Counteracts Attention Enhancement Effects of Green Spaces”
https://aslathedirt.files.wordpress.com/2018/07/0013916518788603.pdf

著者は香港大学のBin Jiang先生(イリノイ大卒業)、イリノイ大学の Rose Schmillen先生、 William C. Sullivan先生

主な内容は以下の通りです


Attention(注意力・配慮力)は業務を行うために重要な資源。これが低い人は重要事項を見逃し、イライラしやすく自己管理に悩む。失言も増え、人間関係にも苦労する可能性が高い。女性50名、男性31名、年齢17-35歳の81人の被験者に対して緑により注意力向上効果と電子デバイス使用の関係性に関して調査を実施した。参加者は10分間計算と暗記を行い、その後15分間、4種類の場所で休息を行った(下記画像参照)。休息中参加者の何人かはSNSなど仕事以外の用途でラップトップを使った。また、ラップトップを持ったまま休息したグループ、持たずに休息したグループを設定した。そして、休息後に注意力に関する再テストを行った。休息後に注意力が回復した唯一のグループはラップトップを持たずに緑の中で休息した人であった(下記グラフ参照)。よって、注意力を回復させるためには自然と触れ合える緑地を準備するだけでは不十分で、電子デバイスをわきに置くようななんらかの工夫を行う必要があるとの根拠が示された(結論)
バイオフィリックデザインを推進する論拠として、「緑が見える、緑と触れ合える空間を整備することでストレス回復効果が発揮される」等の研究論文は数多く出ています。 今回、本研究が示した、自然の中での過ごし方が注意力の回復に影響するとの視点は、バイオフィリックデザインを検討する上で、今後…

脳の活動(デフォルトモードネットワーク)とバイオフィリックデザイン/自然音の効果

バイオフィリックデザインは緑被率など視覚的な観点が主に議論されますが、自然の香り(嗅覚)や触れ合い(触覚)、自然の恵み(味覚)、音(聴覚)など五感を意識した総合的なアプローチが重要なことは論を俟ちません。
今回は英国オックスフォード大学の研究者らが2017年に発表した聴覚関連のエビデンスに関する論文に関してメモします。

論文タイトルは” Mind-wandering and alterations to default mode network connectivity when listening to naturalistic versus artificial sounds."

最近話題のデフォルトモードネットワークと音との関係をfMRIなど最新の計測装置を活用して調査しています。

主な概要は以下の通り


自然音や緑に囲まれた環境は、人工的な音と環境よりも快適であることは、既知の事実。例えばGuastavino, C.The ideal urban soundscape: Investigating the sound quality of French cities. Acta Acust. united with Acust.92, 945–951 (2006).本実験では、21-34歳の17人の被験者に、身近な自然音、聞きなれない人工音、身近な自然音、聞きなれない自然音、無音の5つのサウンドスケープを5分25秒曝し脳の動きをモニタリングした。同時に、被験者にアンケート調査を実施し、心地よさや注意力と音との関係を検証した脳の働きに関してはfMRI を用いてDMNに関する検証を行った(→DMN(デフォルトモードネットワーク)はさまざまな脳領域の活動を統括するのに重要な役割を果たしていると言われており、認知症やうつ病にも関係があると言われている。)人工音環境での活動は自然音環境と比較して被験者の注意力が劣っていた。主観的なアンケート調査では、自然音のほうが心地よさが高く、人工音が注意散漫になることが大きな差として示された。本実験結果では、身近な自然音に触れることで、DMNの機能が(良い方向に?)変化することを示すことができた。これは人が自然環境と触れ合う事が健康便益の助けになるとの説明につながる。

詳しくは本文を確認願います
https://www.na…