The UK National Ecosystem Assessment/イギリス生態系サービス評価



イギリスでは2004年のミレニアムアセスメントの結果を受け、全土の生態系サービスを評価する”The UK National Ecosystem Assessment”が実施されています。

以下のページから森林、農地、都市の状況、各サービスの現状など膨大なレポートを見ることが出来ます。

http://uknea.unep-wcmc.org/Resources/tabid/82/Default.aspx



第10章には都市域の評価がレポートされており、都市緑地が住民に提供するサービスは非常に充実していること、都市緑地は面積だけでなく、分布や接続性、機能性やアクセス性が重要だ(their spatial distribution, connectivity, functionality and accessibility )と指摘されています。

個々の報告は、エビデンスがまだ十分でないものもありますが、研究予算と人材(500人)が手厚く配分されている状況なので、今後の進展に要注目です。



key messagesには以下のコメントがありました。

A move to sustainable development will require an appropriate mixture of regulations, technology, financial investment and education, as well as changes in individual and societal behaviour and adoption of a more integrated, rather than conventional sectoral, approach to ecosystem management.This will need the involvement of a range of different actors – government, the private sector, voluntary organisations and civil society at large – in processes that are open and transparent enough to facilitate dialogue and collaboration and allow necessary trade-offs to be understood and agreed on when making decisions.

 ご参考まで



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles