Reading Viaduct Project



7/14のNYタイムズの記事で、HIGH LINEの成功がいろいろな都市に広がっていると紹介されています。



記事によると、シカゴなどの米国内だけでなく、ロッテルダムや香港の都市計画関係者がアイディアを求めてきているそうです。



その中で、フィラデルフィアのReading Viaduct Projectが紹介されています。

このプロジェクトはハイラインと同様に、都市中心部の鉄道高架橋跡地を公園として再整備する計画で、幅が60フィートとハイラインよりも多少広いようです。(詳しくはサイトで確認してください。)



これらのプロジェクトで共通して言えることは、地元の有志が発起人になっていること、寄付金を集めていること、多様な関係者が建設的な議論を実施していることなどでしょうか。

過去に構築しその使命を終えた都市インフラに、再び命を吹き込むこのような再生プロジェクトは、経済合理性だけでなく、取り壊しなどにともなう環境負荷の低減にもつながります。



日本も他国から参考にしてもらえるようなプロジェクトを進めてかなきゃですね。





■サイト

NY TIMES:http://www.nytimes.com/2010/07/15/arts/design/15highline.html?_r=3&em

Reading Viaduct Project:http://www.readingviaduct.org/index.html



コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail