Landscapes in Landscapes: Where Ecology Meets Design/ Piet Oudolf

NYのハイラインやバッテリーシティーパーク、シカゴのミレニアムパークなどの植栽デザイナーである”Piet Oudolf”を紹介する動画です。

世界の都市人口が増加する中で、都市住民が自然と触れ合う機会を失ってきたこと、

都市の中に人にも生物にも配慮したハビタットを作る重要性などを説明しています。



植栽デザインのプロセス等も紹介されており、ランドスケープを学んでいる人には大変参考になるのではないでしょうか? 図面の雰囲気がパトリックブランのものに似ているのは気のせいか、、



Emotive landscapes with Piet Oudolf



ちなみに、PENNで来月講演会が開催されるようです。

http://pietoudolfatpenndesign.eventbrite.com/?ref=ebtn



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles