米国/都市公園トリビア



The Trust for Public Landという米国のNPOが都市公園のCity Park Facts 2011を発行しました。

この資料は、全米100以上もの都市の約2万の都市公園を対象として様々なデータが整理されており、公園の年間来場者数、公園のスタッフ数、予算、野球場やバスケットボールコートの住民一人当たりの設置数等々が紹介されています。

P17に公園の一人当たりの市の支出が紹介されていますが、ワシントンDCが$375、サンフランシスコが$280に対して、フィラデルフィアは$64だそうです。

また、住民一人当たりの野球場が多いのはオレゴン州ポートランド、バスケットコートはウィスコンシン州マディソン、スケードボードパークはカリフォルニア州のチュラビスタ、スイミングプールはクリーブランドでした。

ちなみに公園の来場者数ベスト10は以下の通りです

1 Central Park New York 35,000,000
2 Lincoln Park Chicago 20,000,000
3 Mission Bay Park San Diego 16,500,000
4 Balboa Park San Diego 14,000,000
5 Golden Gate Park San Francisco 13,000,000
6 Forest Park St. Louis 12,000,000
6 Griffith Park Los Angeles 12,000,000
8 Coney Island Beach and Boardwalk New York 10,600,000
9 Fairmount Park Philadelphia 10,000,000
9 National Mall Washington, D.C. 10,000,000



City Park Factsにちなんだクイズも用意されています。

余談になります、ボストンコモンが米国で一番古い都市公園と思っていましたが、フロリダの”Plaza de la Constitución”が一番古く1573年に整備されたそうです。

というわけで今回は、ボストンコモンの入口の写真を掲載します。



■サイト

City Park Facts 2011:http://cloud.tpl.org/pubs/ccpe-city-park-facts-2011.pdf

Quiz:http://www.tpl.org/ccpe-quiz.html



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS