米国の企業菜園



 Jared氏のブログTokyo Green Spaceで紹介されていた、ニューヨークタイムズの記事(5/16付)で、ペプシ、グーグル、トヨタ、Kohl’s(デパート)、Aveda(化粧品)などのが社員向けの菜園を整備している事例が紹介されています。



目的は、安全な食料を得ることだけでなく、社員の健康維持とモティベーションの向上、部署間を越えたコミュニケーションなどが示されています。



  調査によると、2009年に全米で4100万人の人が野菜などを育てたらしく、この数字は以前と比較して13%増加したそうです。確かに、街中のコミュニテーガーデンでの菜園作りは増えているようです(写真はマンハッタンで撮影したものです)。



いくつかあげられた課題の一つに「服装」がありました。

確かにネクタイやヒールで農作業はちょっとやりにくいかもしれませんね(笑)。



■参照サイト

http://tokyogreenspace.com/

http://www.nytimes.com/2010/05/12/dining/12gardens.html?pagewanted=2&hpw



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS