インタビュー記事/Laurie Olin, FASLA



ペンシルバニア大学でお世話になったローリー教授のインタビュー記事がASLAのサイトに掲載されています。



ニューヨークのブライアントパーク、コロンバスサークル、ワシントンDCのモール(セキュリティーランドスケープ)、ロンドンのキャナリーワーフなどなど素晴らしいプロジェクトの背景が紹介されているほか、建築家との協働関係、持続可能性への取組み、風景のグローバル化、中東で戦争により失われた風景の再生についてなど興味深い内容になっています。



人間の行動を深く洞察したデザイン、相反する条件を満足させるために数インチレベルで設定する繊細な造形、、、出版物も数多く出ているので参考にされてはいかがでしょうか。





--(冒頭部分のみ転載しました)

What you're asking is what do many of these things have in common in terms of people, and their needs, and uses. Our office really believes that everything we do is really about people. But, we also believe that everything we do for people should be both environmentally supportive to them and the environment, and also be wonderful places to be either together or alone. We try to address the dilemmas of the individual and the group. We try to be open and accessible. We try to make things that are enduring and won't fall apart, and have lasting qualities. We also know that no matter what we do, everything that matters really does require maintenance. You have to make things people care enough about to want to maintain.



■関連サイト

インタビュー記事:http://www.asla.org/contentdetail.aspx?id=21374

オーリンパートナーシップ:http://www.theolinstudio.com/#/home



コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail