Growing Power - A Model for Urban Agriculture

新しい都市農業のモデルとして注目されている、ミルウォーキーのGrowing Powerの映像です。

ここでも3種(ミツバチ、ニワトリ、ヤギ)が採用されていて、今注目のアクアポニックスも研究されています。



Growing Power - A Model for Urban Agriculture





ちなみに、ミルウォーキーでは一般家庭のニワトリの飼育が規制されていて、1羽あたり16平方フィート(約1.5㎡)の面積を準備、1家庭で4羽までなどのルールがあるそうです。

詳細はHPを参照してください:http://www.growingpower.org/







コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles