投稿

Vacant to Vibrant/空地を活用した水循環型まちづくり

イメージ
米国では汚水と雨水を一緒に流す合流式の下水が大雨時にオーバーフローすることにより、河川や湖、海の水質汚濁を引き起こし大きな問題となっています。
しかし、費用などの問題からインフラ改修はなかなか進んでいません。

五大湖周辺においてもビーチで悪臭が発生する等大きな問題になっています。
この課題に、人口減少により発生した空地を活用し取り組んでいるプロジェクト"Vacant to Vibrant"がLAM8月号で紹介されています。



(Vacant to Vibrantより転載) 概要は以下の通りです

合流式下水の問題が発生しているオハイオ州クリーブランドでは1950年代から人口が減少し、空地や空き家が3万箇所も発生している。Sandra Albro(クリーブランド植物園)はSean Burkholder(ペン大)とともに、空地にレインガーデンを設置することで、湖沼に流入する水質を改善するプランを立案レインガーデン建設のための$862,000の資金を獲得土地利用データから不透水面を抽出し、そこに隣接する空き地にレインガーデンを設置22エーカー、221の空き地にレインガーデンを整備する他、雨水貯留タンクや緑化屋根も整備、加えて、遊び場や遊歩道なども整備設置後モニタリングを実施し、効果を確認モニタリング結果を用いた試算では5大湖のオーバーフロー問題を解決するために12万の空き地が必要。そのコストは21億6千万ドル(1.8万ドル/箇所)になる。これは下水道を回収するコスト30億ドルよりも安い下水道の改修と比較し、レインガーデンの整備は不動産価値向上、住民の健康向上など多くのメリットがある。

Vacant to Vibrantというタイトルがキャッチーでよいですね。



SITESと公園/D.C. Bartholdi Park

イメージ
緑地認証システム”SITES”の基準とコミュニティにおける公園の役割を解説する動画を備忘として貼り付けました

再生資材の利用、土壌への配慮、レインガーデンなどが紹介されています。



健康まちづくりと微生物/Designing Cities for Healthier Microbiomes

2年ほど前、MITの研究者がミツバチ巣箱内の微生物サンプルを収集したいとの事で、東京駅前の都市型養蜂施設に案内したことがあります。

なんでも、共同研究者と共にロンドンの地下鉄やNYの下水管の中など世界中でサンプルを収集しており、微生物の分布データをこれからのまちづくりに役立てたいとの話でした。

その時は十分に理解できませんでしたが、先日オクラホマで開催されたEDRA会議(Environmental Design Research Association conference)の紹介記事を見て、何点か腑に落ちたのでメモします。


マイクロバイオームと人間の肉体的/精神的健康の深い関係性が議論され始めたキッチンの壁など我々が暮らす環境は微生物に覆われており、有益な微生物は有害な微生物を抑え込んでいる。ブルックリンのGowanus Canalの底泥を調べると、汚染物質の一部を微生物が紹介していることがわかった。例えば、病院の建物に光と風を呼び込むことで病原菌を防ぐことができることがわかった。都市農業などで土と触れ合うことで、有益な微生物と接触する可能性が増え、それにより子供も大人もうつやアレルギーのリスク減少に貢献することができる。これからの健康まちづくりでは、微生物も注視すべき。公園や広場に土と触れ合える空間を創り子供も大人も汚くなるようにデザインすることも重要
日本では衛生上の問題から砂場が撤去されるなど、汚くなるような遊び方はやりにくくなっているかもしれません。とはいえ、健康な生活を送るためには、一定レベルで自然とふれあい、微生物のバランスをとりながら有害なものに抵抗していく体を育てる事が必要なようです。その意味では、泥だらけになる屋上水田の機能なども再評価すべきなのでしょう。

都市の中でどのような形で自然との触合い機会を提供するのか、バイオフィリックな視点で多様な角度からデザイン検討することが益々重要になりそうです。


参照先:https://dirt.asla.org/author/asladirt/
関連サイト:http://elizabeth-henaff.net/
https://www.nytimes.com/2013/05/19/magazine/say-hello-to-the-100-trillion-bacteria-that-make-up-you…

造園家を目指す次世代向け参考図書/ ASLA Activity Books

ランドスケープアーキテクチャーに興味を持っている方のための参考図書が新たにASLAから発行されました。

本図書は9歳~12歳向け(キッズ向け)と13歳以上向け(ティーンと大人向け)の2冊に分かれ、無料でダウンロードできます。

主な内容は以下の通り。

・ランドスケープアーキテクト(LA)になるためのツールやスキル
・LAが環境を創る多様な手法
・LAがどのようにしてアイディアを形にしたり複雑な問題を解決するのか ・人々が暮らし、働き、遊ぶための美しい空間づくり


基本的に、一般向けの平易な英語で記述されているので、英文の専門書や論文よりは読みやすいと思います。
本文中では、ハンドドローイングによって検討を進める手法が主に説明されており、日米の類似点や相違点が見え隠れして興味深いです。
最近はCADやイラレ、フォトショ、スケッチアップが主流でハンドドローイングを見る機会も少なくなりましたが、手で描いて考える重要性を再認識しました。


2冊とも最終ページに、LAになるために必要な事項(Become a Landscape Architect)として以下の4点が紹介されています。

Study Hard:科学、技術、数学、芸術、歴史、経営、そしてコミュニケーションスキルなどを学ぶ事

Visit a Landscape Architect:ASLAの支部に問い合わせて、各地域にいるLAを訪ねる事

Volunteer:地域を知る必要があり、公園の清掃活動などのボランティアに参加する事

Prepare for College:全米にはLAのプログラムを有する大学が数多くあり、まずはそこに入学する事


4つの中にボランティア活動が推奨されている事が米国らしく印象的でした。





墓地のグリーンインフラ化/ワシントンD.C.

イメージ
米国ワシントンDCにおける、雨水貯留の新モデルの話題

墓地などをグリーンインフラ化することにより、持続可能なまちづくりを進めようとしています。


ポイントは次の通りです


墓地の不透水面を除去し雨水流出抑制のグリーンインフラモデルとして改変これにより年間14万ドルの雨水処理費用を削減地下浸透を促進することで水質も改善し、長年の課題であったChesapeake Bayの水質改善にも寄与元々あった437000平方フィート(≒4ha)の不透水面の内、未利用の道路を廃止したり車線を減らすことで現時点で18000平方フィート(≒0.17ha)がバイオリテンションセルに置き換わった。GI化に必要な資金1.7百万ドル(≒1.8億円)は、stormwater retention creditsを販売する事で確保する。ワシントンDCでは2013年に出来た新しい規制により、開発業者が必要な雨水貯留対策を講じることが難しい場合、雨水貯留クレジットを買って代償することになった。

元の記事はこちら"D.C. Cemetery Finds New Life As Stormwater Retention Model "


日本でも都市型水害が深刻化する中で、開発時のオンサイトにおける雨水貯留は重要です。
しかし一方で、将来的な構造物の維持管理、更新コストを考えると従来型のアプローチでは限界があるのは明らかです。

そこで、墓地に加え、都市内の駐車場や農地、学校校庭などのグリーンインフラ化を進めることにより維持管理負担の削減に加え水質浄化や緑地面積の増加など多様なメリットが生じます。

GIを社会実装するための大きな課題である「資金」面に関しても、クレジットシステムの導入により解決を図っている点が印象的です。

持続可能なまちづくりに向けた今回の取り組みの今後の展開に要注目です。








Biophilic Leadership Summit

イメージ
昨年もメモした”Biophilic Leadership Summit
今年も4月8-11日にセレンビーで開催されました

今年も興味深い情報が多数紹介されていたようですので以下に列記します(ネタ元:https://www.mindbodygreen.com/articles/how-to-bring-biophilic-design-into-your-home)


GoogleやEtsy, Amazonのオフィスでは生産性を高め職場のストレスを軽減するため、自然に基づいたデザイン(バイオフィリックデザイン)がここ数年でメインストリームになってきている。(Googleの MARY DAVIDGE氏基調講演)

Van Vliet'sのアプローチの紹介Work in some water. Go for a smell-good space. Seek refuge. Play with sunlight. Designate tech-free spaces.

WGBCが最近発表したDoing Right by Planet and People: The Business Case for Health and Wellbeing in Green Buildingの紹介(ダウンロード可、ケーススタディ多数)
NATURE-BASED WELLNESSの紹介
Keith Bowers ”Atlanta’s Urban Ecology Framework”の動画






バイオフィリックデザインのケーススタディ(整備事例)は増加しているようですが、後付コンセプトの感もあります。
また、フレームとしては理解できても、個別の施設と利用者の健康との関係性の解明はまだ始まったばかりといった感じです。
私の周辺も「なにそれ?」といった反応が多く、盛り上がりに欠けています。

とはいえ、因果関係を否定できるものではなく、加えて、シンガポール政府やIT系のトップ企業が「Biophilc」を打ち出しているのは心強く感じました。






West Philadelphia Landscape Project/都市水害とランドスケープ

MITのアンスパーン教授がCooper Hewittの2018 National Design Awardsを受賞したとのニュースが発表されました。
ランドスケープではFarrar Pond Garden で有名なMikyoung Kim氏も受賞しています。


公式サイトではアン先生の代表的な取り組みの一つである西フィラデルフィアの再生事業(WPLP)が動画と共に紹介されています。

フィラデルフィアの貧困地域である西フィラデルフィアは、貧困や水害、治安など数々の課題を抱えています。
WPLPではペンシルバニア大学やMITなどの協力を得ながらフェーズごとに複数の取り組みが進められています。
例えば、古地図を用いて歴史を紐解きながら下水計画を見直し洪水や地盤沈下の減災を防止する。空地を活用して教育プログラムを展開し貧困から抜け出す機会を提供する。

参考までにいくつかの動画を下部に張り付けました。

注目したいのは専門家がランドスケープリテラシーを用いてエリアの問題を発見し、土木、建築、教育、行政などの各専門家と協力しながら事業を進めている点。

日本ではグリーンインフラの社会実装も大きな課題となっていますが、地域の課題を読み解き、他分野の専門家と丁寧に議論を重ね問題共有し、職能の枠を超えて行動していくことで、次のステップが見えてくると再認識しました。