Cities Aliveなど/Landscape Institute Awards 2015



英国のLandscape Instituteから本年度の各部門アワードが発表になりました


大賞となった、Brentford High Street ‘making the connection’は、鉄道や運河とテムズ川が結び付くロケーションのプロジェクトです。

歩行者や自転車もふくめ、商業施設などと適切に接続させ、地域活性化に成功しています。今後の東京のまちづくり、水辺環境再生の参考になる事例ではないでしょうか 



また、アラップのCities Alive – rethinking green infrastructure も受賞しています。グリーンインフラの効用や優良事例、定量的な便益などを豊富なビジュアルで解説した資料で、GIに関わる人は良く参考にしていると思います。



その他、Foのオリンピックパークや景観アセスの研究などが名を連ねています。学生のポートフォリオ部門の作品は、これからポートフォリオを作る方の参考になるのではないでしょうか

米国のASLAアワードとは分野が微妙に異なっていますが、QOL向上や新たな交通ネットワークの視点など共通点は多く見出せます。今後も要注目です。 

コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail