Podcastで流域再生/The Town Branch Water Walk

ケンタッキー州レキシントンの水再生プロジェクトネタです

道路用地の確保などを目的として地下に埋設された河川をPodcastによるオーディオツアーで見える化、というか聞こえる化するプロジェクト”The Town Branch Water Walk”の紹介です。


A listening station along the Town Branch Water Walk
(写真はケンタッキー大のsiteから転載)

これは、Rebuild by designなどで注目されているSCAPEがプロデュースしているプログラムです。
マンハッタンで実施しASLA賞も受賞しているsafari7をモデルとして開発し、ケンタッキー大やNPOと共同で開発・実施しているとのことです。

地下化された河川再生の活動として、「聴覚」を利用して普及啓発活動を進めているところが流石と思います。
音を集める作業でも様々な気付きがあるんだろうな




(SCAPEのサイトから転載)


日本でも河川船上ツアーなど水再生の動きが活性化していますが、こんなプログラムを取り入れるのも一考ですね。



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS