造園の黄金時代到来?/Will Drones Lead to a Boom in Landscape Architecture?

CITYLABの記事の備忘録

米国において近い将来、ドローンや自動運転車の普及により道路や駐車場が不要になり、必要のない交通インフラが増加する。そのようなインフラを再活用するために、造園家のニーズは高まると記事で指摘しています。



具体的には、鉄道高架跡を再利用したハイライン、ヒューストンで河川や道路をネットワーク化したBuffalo Bayou Promenade、トロントの高架下を利活用しているUnderpass Parkなどが事例として紹介されています。







さらに、気候変動が造園プロジェクトを増加させると指摘し、全米各地で環境対策としてのグリーンインフラ研究・整備のための基金が準備され、今後公園緑地の整備が加速するであろうとの情報を紹介しています。

将来的な、造園職能のAI化などに関する予測も興味深い内容です。

以下転載
Even as designers make gains in efficiency, breakthroughs in artificial intelligence will continue to move the goalposts on the kind of “routine” work that can be automated. Futurists believe that will come to encompass creative and technical decision-making once assigned to licensed architects and engineers. Only a few short years ago, after all, automated driving was the stuff of science fiction.
Avent predicts—he humors me a scenario like the one outlined by Siegel—that wealthy clients will still prefer the one-on-one attention of a (human) landscape architect. On the other hand, large companies such as Google that are collecting data on any number of human activities could train software to address some of the questions that a landscape architect would need to answer. These AI giants might eventually work with data provided by cities to tailor solutions to specific locales.



コメント

  1. FBにて記事シェアさせていただきました。胸がときめくタイトルですね。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail