プロスペクトパークのイキモノ除草/NY

NYのプロスペクトファームでヤギ除草を開始したことがニューヨークポストの記事で紹介されています。

(写真はKファーム朝霞農場の羊たち)



プロスペクトパークでは公園の斜度のあるエリアを中心に8頭のヤギを除草のため導入したそうです。コストは$15,000(160万円)と紹介されています。


2012年のハリケーンサンディで公園の樹木が損傷し、そのエリアに侵略的外来種が多く繁茂しはじめたため、それらを駆除し、在来の植生を再生することが目的だとのことです。


我々の2010年からの実験でもヤギ除草/イキモノ除草を継続すると成長の速い外来種が減少し、在来種が回復することが示されています(都市域における山羊を利用した緑地管理活動の研究)。



山羊や羊による緑地管理は、コストやCO2削減だけでなく様々なベネフィットがある。
これを理解しチャレンジしている仲間がいるという、うれしいニュースでした。




コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles