大都市の農園/Londonとparis



現在進行中の某企画で都市の農園情報が集まってきているので、海外の事例に関してメモ。


ロンドンのCapital Growth Networkでは、2012年のロンドン五輪までにロンドン市内にコミュニティファームを新たに2012か所整備することを目標として活動をつづけ、現時点でも現次点で2334か所にまで達しています。
彼らのウェブサイトでは、各農場の位置や種類、ボランティア情報、イベント、栽培方法など実に多様な情報が紹介されています。
Capital Beeのページではロンドンのミツバチ巣箱の位置や名称が確認できる、Beehive mapが公開されています。



パリ市も美しいコミュニティーガーデンが市内各所に開設されています。



10 Urban Agriculture Projects in Paris, Franceのサイトでは、パリの屋上農園、都市型養蜂、マッシュルーム農園、羊飼いなどを紹介しています。



東京都は、この資料によると、H25年の情報で市民農園477個所、体験農園98か所とのことです。



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles