動物の橋/Five Crazy Bridges for Animals

landarchs.comからグリーンインフラネタのメモ

新たに設けられた道路などのインフラにより生息生物の活動領域が制限され、ロードキルが発生するケースがあり、その対策として各地で動物のための橋が整備されています。

この動画は、なぜ動物が人工物を障害物として認識するのか、そして動物の安全な移動をサポートする方法が紹介されています。









東西ドイツを隔てていた柵が撤去されたのちも、鹿が柵を覚えていて移動が妨げられているというのは驚きです。

また、サケの遡上をサポートするキャノンと呼ばれるパイプも紹介されています。 これは見ていて面白いのですが、景観的には議論を呼びそうです。


コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles