造園学会全国大会&UITでの発表



本日(11/13)、東京農業大学で開催されている造園学会全国大会で「都市域の自然体験活動としてのミツバチプロジェクトに関する研究」を発表させていただきました。

環境教育のセッションで発表させていただき、座長のコーディネータのもと当該分野の研究の課題や方向性について議論がありました。

造園学として最終的に地域づくりや空間づくりに資するようなアプローチが重要とのご指摘は非常に印象的でした。

余談ですがセッションで一緒に発表した4名全員が大学の同期でした(驚)

http://www.nodai.ac.jp/topic/news_sub/111110/111112sympo.pdf

http://blog.goo.ne.jp/yyoriyuki/e/84d0052217e324dbcf29962654a2d651



先週の11月9日には、アーバンインフラテクノロジー推進会議でもミツバチに関する報告をさせていただきました。

http://www.uit.gr.jp/members/thesis/pdf/honb/306/306.pdf



終了後の報告になり恐縮ですが、スクラップとしてブログ掲載します。

コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles