公園の効用/The Central Park Effect



 都市と生物多様性を議論する中で、グリーンインフラとしての都市公園の役割が再確認されるケースは多いと思います。



ただし、都市公園の効用は定性的な言及に留まることがほとんどで、定量的な価値評価に関するデータは非常に少ないのが現状です。

現実には、コストパフォーマンスが不明確のため管理費用の獲得が困難となり、そのためパフォーマンスが落ちてしまい、更なる機能の劣化につながる、負のスパイラルに陥っているプロジェクトも少なくありません。



今回ご紹介するのは、ニューヨークのセントラルパークをスタディした”The Central Park Effect”です。



世界一有名な都市公園であるセントラルパークの、コミュニティーへの貢献度、観光活性化、雇用促進、税収の向上、周辺への経済波及効果などが定量的に示されています。



例えば、不動産税への波及効果は535.4百万ドルと算出されています。



詳細はダウンロード可能なレポートをご確認ください。





■関連サイト

http://www.centralparknyc.org/site/PageNavigator/CentralParkEffect_EconomicEngine

http://www.centralparknyc.org/site/PageServer



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS