Staten Island Landfill Park Proves Savior in Hurricane



(引用:The New York Times)



現在閉鎖中のフレッシュキルがハリケーンサンディからマンハッタンを守ったという記事がニューヨークタイムズに掲載されています。

ハリケーンサンディがセントラルパークをはじめマンハッタンに多くの被害を与えたことは報道されていますが、

911の瓦礫も処分されたフレッシュキルの小山がその被害を抑えたとのことです。



現在のフレッシュキルは、埋め立てが終了し、健康被害が出ないようにガスの処理などが実施されていますが、

公園として公開するには莫大な予算が必要となることから、賛否両論が出ているようです。

一方で、2001年に埋め立て処理が終了し、覆土処理など環境改善のさまざまな整備が行われたため、野生生物のサンクチュアリとして機能しているようです。



デザイナーが同じジムコナーということもあり、ハイラインのように周辺地域を変える公園になるのでは?

と記事は指摘しています。



http://nyti.ms/T2RKvl



■関連site

The New York Times:http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2012/12/17/staten-island-landfill-park-proves-savior-in-hurricane/?hp

コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail