パリの公園での羊除草/Shaggy Lawn Mowers - Paris Tries an Eco-Friendly Way of Maintaining Park lawns

パリ市19区の公園に除草用の羊が導入されたそうです。

市の環境プロジェクトの一環で導入されたもので、市長は草食動物を用いることで、騒音や燃料そして除草剤を減らすことが可能になるとコメントしています。

Shaggy Lawn Mowers - Paris Tries an Eco-Friendly Way of Maintaining Park lawns



電気柵を利用して4頭の黒羊を飼育しているようですね。

記事によるとロバの導入も検討されたそうです。



我々も昨年、都内の2箇所の公園で山羊除草を実施しました。

管理者である自治体の皆様のご理解とご協力のもと実施されたものですが、近隣の皆様も含め好意的に受け取っていただきました。

ただ、まだまだ危ない臭いなどのイメージを持つ方も多く、パリの様に首長の理解がないと都市部で進めるのは大変です。

パリの例では生物多様性への懸念も示されていますが、データに基づいた議論が重要ですね。

山羊除草による植生モニタリングは、昨年の造園学会論文「都市域における山羊を利用した緑地管理活動の研究」でも紹介しています⇒http://ci.nii.ac.jp/naid/40019320774

ご参考まで。



■ニュース記事

http://www.nytimes.com/2013/04/04/world/europe/sheep-tend-lawn-outside-city-archives-in-paris.html?_r=0



コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail