landscape architects reinvent roles



ハーバードGSDの話題です

最近まで、LAは独自の領域で研究を行っていたが、今後はenvironmental scientists, biologists, anthropologists, engineers, and political scientistsたちとの連携をさらに強めていくとのこと、



400万ドルもの寄付金や新しい教授陣も迎え、新しいプログラムを開始するそうです。



記事では気候変動の学者とのコラボレーションや、都心部に野生生物のハビタットをつくる話題が紹介されています。



--(一部抜粋)

“A park can be beautiful, but it also can be made from recycled materials, collect its own rainwater, and irrigate itself,’’ Van Valkenburgh said. “It can create natural areas for wildlife that otherwise are becoming more and more removed from city centers.’’

 --



詳しくはリンク先をご覧ください



PENN卒業生の皆様>

この記事で知ったのですが、Anita BerrizbeitiaはGSDに移ったのですね、、



■ネタ元

http://www.boston.com/business/articles/2010/04/19/at_harvard_landscape_architects_are_reinventing_the_discipline/



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS