City of Toronto guidelines for biodiverse green roofs/生物多様性に配慮した屋上緑化



(City of Toronto guidelines for biodiverse green roofsより転載)



法規制の強化により日本でも屋上緑化の施工面積は量的には年々着実に増加していますが、質的には科学的裏付けの弱い植栽プランの誘導などが行われているのが実態であり、今後の課題かと思います。



一方、北米のカナダ・トロント市では先日表記ガイドラインが発表になりました。

元々トロント市では新規建築ビルのほとんどに屋上緑化が義務付けられており、

Toronto Green Roof Construction Standard Supplementary Guidelines.

などが整備されていましたが、今回、生物多様性に焦点を当てたガイドラインが発表となっています。



・在来植生と非在来植生、そして侵略的外来種の区分けと考え方、

・インテンシブな緑化とエクステンシブな緑化の整理

・インセクトハウスや水面の取り扱い



など、屋上緑化を設計・施工・維持管理する際に非常に重要な情報が満載です。是非ご一読願います



私も、今月末の造園学会で”バイオダイバースルーフ”に関して研究発表させていただきます

多方面との議論も楽しみにしていますのでどうぞよろしくお願いいたします





■サイト

http://www.toronto.ca/greenroofs/pdf/biodiversegreenroofs_2013.pdf





コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles