コスモス国際賞/グレッチェン C. デイリー

国際花と緑の博覧会記念協会では、「自然と人間の共生」に貢献した研究者に「コスモス国際賞」を設置しています。



今年の受賞者は、スタンフォード大学のGretchen C. Daily(グレッチェン C. デイリー)教授。



生態系サービスの視点から生物多様性の重要性を説き、その定量的な評価や関連プロジェクトで主導的な役割を担ってきた研究者です



また、この分野における民間セクター参加の重要性も主張され、エビデンスベースドなアプローチを提示しています。



 ---

Gretchen Daily is working to develop a scientific basis, and political and institutional support, for making conservation mainstream. Her scientific research is on quantifying the value of agricultural and natural landscapes, for conserving both biodiversity and ecosystem services (such as water purification and crop pollination). Her lab group works in Africa, Asia, Latin America, and the United States. Prof. Daily also co-leads The Natural Capital Project, a partnership among The Nature Conservancy, World Wildlife Fund, and Stanford. The goal of this effort is to develop and deploy innovative policy and finance approaches that make conservation economically attractive and commonplace worldwide.

---



このコスモス賞、過去には、2001年に元ペンシルバニア大学ランドスケープ学科教授のアン・W・スパーンが受賞しています。







■サイト

受賞者紹介:http://www.expo-cosmos.or.jp/jusyou/2009.html

スタンフォード大学:http://woods.stanford.edu/cgi-bin/facultydb.pl?profile=gdaily



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS