落書き条例/烏取砂丘

先月の烏取県議会で烏取砂丘への落書きを禁止する条例が可決しました。

昨年、学生の落書き事件などが大きく報道されていましたが、それ以降も落書きが減らないため、このような条例が成立したようです。



(山陰中央新報より転載)--

鳥取砂丘での落書き禁止などを盛り込んだ、鳥取県の砂丘条例案について同県議会教育民生常任委員会は九日、罰則条項を当初の「三十万円以下の罰金」から「五万円以下の過料」に修正し、賛成多数で可決した。

 同条例案については「一日で消える砂丘の落書きは道徳的悪質性が低い」として、罰則を科す条例に反対する請願が九月定例県議会に出され、県公園自然課は「短時間でも多くの砂丘利用者の目に触れるため、他の場所より悪質。自然公園法の迷惑行為違反に相当する」と説明してきた。

 この日の委員会では「砂との触れ合いを楽しむことを重要視すべきで、刑罰でなく行政罰にすべきだ」などの意見があり、浜崎晋一副委員長が提案した、「罰金三十万円以下」の刑罰から「五万円以下の過料」の行政罰とする修正案を賛成八、反対一で可決した。

 委員の中には「原状回復の命令に従わない者だけを対象とすればいい」という意見もあったが、執行部案通り「落書きなどの禁止行為をした者」も対象とすることにした。

 また、鳥取砂丘を含めた山陰海岸が”世界遺産の地質版”といわれる世界ジオパークネットワークの国内初登録を目指しており、名称も「美しい鳥取砂丘を守り育てる条例」から「日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例」に修正した。

---



この条例は、落書き以外にも、ごみのポイ捨てや打ち上げ花火なども禁止しています。

当初30万円以下とされていた罰金は、5万円以下に値下げされたそうです。また、落書きはモラルの問題であるとのことで、法規制への異論も出ていたようです。



しかし、ニュースによると多い日には10件もの落書きが見つかるとのこと、ちょっと驚きです、、



■ニュースサイト

MSN:http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080918/lcl0809181459001-n1.htm

コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles