自然観察/モニタリングに役立つアプリ



季節的に、野山に出かけ自然観察をする機会が多いかと思います、また仕事や研究として緑地の状況や生息生物などをモニタリングすることも多いかと思います。

私も昨日は与野周辺で野鳥を追いかけていました。



自然観察や緑地モニタリングをする際の課題として

・発見した樹木や生物の種類がわからない(一般の方の場合)

・(記録する場合)地図に書き込むのが面倒、またはペンなどをよく無くす

・後日記録を整理するのが大変

などがあると思います。

そんな状況を少しでも改善するツールがスマートフォンのアプリケーションで発表されているのでいくつかご紹介します。





■identify tree

葉の形状、花、樹形、果実などを選択することで樹種の同定を支援するアプリ。

中央ヨーロッパ全域の樹種を対象としています。樹木クイズもありますが、案内はドイツ語です><

http://www.guerrillaforestry.com/2010/09/identify-trees-with-your-iphone/



■Leafsnap

コロンビア大学、メリーランド大学、スミソニアン協会が開発したアプリ。

葉っぱや花、果実の写真を撮ることで種類を自動認識します。ただし、対象樹種はアメリカ北東部エリアに自生しているものです。自分で調査したものをサーバーに登録することで、どのエリアにどんな植生があるのかを調査する目的も持っています。

無料です。

http://leafsnap.com/



■図鑑カメラ

自分で撮影した昆虫や植物を図鑑の写真と照らし合わせることで種の同定を支援するアプリ。学研さんが発売元です。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/08/31/051/index.html



■Magnifier Lens

虫眼鏡です

http://celticcodecraft.com/apps/magnifier/





もちろん「ききみみずきん」もよろしくお願いします

http://www.kikimimizukin.com/



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS