生物多様性 日本アワード

財団法人イオン環境財団が「生物多様性 日本アワード」を創設するそうです。

5月22日の「生物多様性の日」は新型インフルエンザに押され、いまひとつ盛り上がりに欠けましたが、今年10月以降の盛り上がりに期待したいですね。



以下転載--

財団法人イオン環境財団は4日、生物多様性の保全と持続可能な利用を推進することを目的に、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)開催1年前に当たる2009年10月に、「生物多様性 日本アワード」を創設することを発表した。

「生物多様性 日本アワード」は、日本国内での個人・団体による取り組みもしくは、日本に拠点を置く個人・団体の海外での取り組みで、生物多様性の保全又は生物多様性の持続可能な利用に顕著な貢献が認められるものを、「生物多様性の保全領域」「生物多様性の持続可能な利用領域」それぞれ、「フィールド」「リサーチ」「プロダクト」「コミュニケーション」の4分野において計8賞を選定する。さらに、これらの事例の中から、その年を代表する傑出した取り組みについては、「生物多様性 日本アワード グランプリ(仮称)」として環境大臣による顕彰などを予定している。



■記事サイト

http://www.ecool.jp/news/2009/06/ion24-381.html


コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail