ニューヨークに滝出現



この夏、ニューヨークに4つの滝が出現しました



このアートプロジェクトは、Public Art Fundの支援の下実施されたもので、ブルックリンブリッジの下などに高さ30~40メートルの人工的な滝が設置されています。



滝を水上から見て回る観光船ツアーも運行されており、プロジェクトには1550万ドルかかるものの、その経済波及効果は5500万ドルとのことです。



運用時間は朝7時から夜10時(ライトアップ)までとなっていました。しかし、塩分の強いイーストリバーの川の水をくみ上げて使用しているため、風に飛ばされた滝の飛まつが周辺の緑地に悪影響を及ぼす恐れが出たため9月から時間が短縮されています。



ちなみにこの滝は10月13日で終了していますので、実物はもう見ることはできません。



ニューヨークの滝というと、超高層ビルの足元にあるペイリーパークの小さな滝を思い出します。こちらはまた別途ご紹介します





□関連サイト

http://www.nycwaterfalls.org/



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS