生態系サービスを指標とした都市域の緑地評価・計画手法に関する研究

私事で恐縮ですが、表記タイトルの博士学位論文により、この度、博士(学術)の学位を授かりました。



私の研究テーマは、タイトルの通り生態系サービスの視点で都市緑地の価値を見直し、それを具体的なランドスケーププランニングに適用するための手法論です。

論文は以下の8章で構成しています。

1.都市域の生態系サービス

2.生態系サービスの評価手法(BREEAMやLEED、SITE、CBIなどのレビュー)

3.地域レベルのプランニング手法

4.地区レベルのプランニング手法

5.経済便益評価

6.環境コミュニケーション

7.フレームワーク

8.まとめ

各章の内容は小職が携わってきた、具体のプロジェクト成果が中心となっており、GISを用いた解析手法からミツバチPJまで幅広く取り上げました。

熱心にご指導いただきました先生方、共同研究者の皆様、その他お世話になった皆様にあらためてお礼申し上げます。



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles