「日本風景街道」のモデルルートを公募



国土交通省から、以下の発表がありました。

「日本風景街道(旧称:シーニックバイウェイ)」の正式名称決定及びモデルルートの公募開始について

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/06/060120_2_.html

シーニックバイウェイ(Scenic Byway)から「日本風景街道」と名を改め、同時にケーススタディとして先行的に取り組むモデルルートを公募しています。

ここでは取組の視点を次の通り提示しています

--
Ⅰ.道の担う役割の復古・再生
   :交流の場、生活空間としての道の機能を復古・再生
Ⅱ.地域の資産の活用
   :“人”や“地域に眠る観光資源”等を有効に活用
Ⅲ.新たなもしくは多様な価値の創造
   :オープンカフェやビューポイントの設置等の新たな創意工夫により楽しめる道空間を創造
Ⅳ.使われ方の負の遺産の清算
   :景観を阻害する看板や電柱等の負の遺産を清算し、美しい沿道景観を再生

--

詳しくはこちらを参照してください。

http://www.hido.or.jp/fukeikaidou/index.html

コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

都市林の木材としての再利用

クルドサック/ラドバーン方式