快水浴場百選/環境省



 平成13年に「日本の水浴場88選」が選定されておりますが、今回新たに「快水浴場百選」の選定が行われました。



 主な概要は次のとおりです(以下環境省発表資料より抜粋)--



1.「快水浴場百選」の選定経緯 


 近年、人工物に囲まれがちな暮らしのなかで、水辺の自然と親しみつつ健やかな心身をはぐくみ、保つことの重要性が高まっています。また、環境教育、エコツーリズム、生物多様性、地球温暖化対策など、環境政策の新たな展開がみられます。
 このような状況を踏まえ、平成13年に選定された「日本の水浴場88選」の基本的な考え方を見直し、「快水浴場百選」として選定を行いました。

2.「快水浴場百選」候補の推薦状況


 年間利用人数がおおむね1万人以上(島の海水浴場にあってはおおむね2千人以上、湖沼・河川の水浴場にあってはおおむね5千人以上)である水浴場の中から、水質等について一定の要件を満たしていることが推薦される要件となっており、40都道府県から191水浴場の推薦がありました。

3.選定方法及び選定に際しての評価事項



(1) 「快適水浴場検討会」(委員長:松尾友矩 東洋大学学長)において、選定作業を行いました
(2) 選定に際しては以下の5つの評価軸に基づき、評価を行いました。


[1]美しい水辺(水質、自然景観)
[2]清らかな水辺(環境への配慮・取り組み)・・・・・3R、地球温暖化対策を含む
[3] 安らげる水辺(安全性)・・・・・津波対策を含む
[4] 優しい水辺(利便性)・・・・・公共交通機関を重視
[5] 豊かな水辺(水と人との関わり)・・・・・環境教育、エコツーリズムを含む

4.選定の結果


 推薦のあった191の水浴場のなかから優れた水浴場100カ所を「快水浴場百選」として選定するとともに、選定された「快水浴場」においては、5つの評価軸ごとの評価を星印の数(1~5つ、5つ星が最高)で表しました(別紙)。また、特に優れた12カ所の水浴場(海の部10、島の部1、湖の部1)を「特選」として選定しました。

---

関東近郊では千葉の守谷や茨城の大洗サンビーチなどが選ばれています。5月24日には東京で認定書交付式とシンポジウムが開催される予定です(入賞無料)



百選のリストやそれぞれの星取表はこちら



コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

都市林の木材としての再利用

クルドサック/ラドバーン方式