LAプロジェクトのクレジット

ニューヨークのハイラインなど一般にもよく知れらるランドスケーププロジェクトにおいても、誰が設計したものなのかクレジットの表記があいまいであるとの記事が掲載されています。



Is Landscape Architecture No Longer "The Good Wife"?

http://www.huffingtonpost.com/charles-a-birnbaum/high-line-park_b_1335085.html



古くから、ランドスケープアーキテクトは、作品集などにクレジットを掲載される機会が少なく、たとえば、オーリンが携わったNYブライアントパークのクレジットにも、オーリンの名が記されていない記事は多々あるようです。

実際オーリンのコメントとしてランドスケープアーキテクトはプロジェクトを陰で支える「よい妻」であった。とコメントしています。

"More recently, Olin characterized the status of the profession in those days as being equivalent to "the good wife" -- supportive and working quietly/diligently behind the scenes. ”



解決策としてオーリンは、プロジェクトのマーケティングや広報活動に、建築家を含めだれがどのような役割でかかわったのかを示すaddressing credit/attributionをきちんと作成/署名すべきだとコメントしています。



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles