マンション環境性能表示/東京都

日経新聞より

 都が実施しているマンション環境性能表示制度の一年目の実施状況がまとまった。九月末までに届出のあった64件の内59件の審査を完了したそうだ。

 平成18年度公表分では、シャルゼ木場が4項目(建物の断熱性、設備の省エネ性、長寿命化、みどり)とも満点の12点を獲得している。

ちなみに、緑化、省エネでは21件が満点(3点)だったようだ。


「マンション環境性能表示制度」は、延床面積1万平方メートルを超える分譲マンションの新築または増築を対象として、マンションの環境性能にかかる4項目(「建物の断熱性」「設備の省エネ性」「建物の長寿命化」「みどり」)について星印★で3段階評価、分譲販売の広告等に表示することを義務付けたもの。
 2006年9月15日現在、対象となるマンション件数62件、うち既に表示されているもの(広告を開始したもの)9件、これから表示予定のもの53件となっている。

なお、東京都では本制度の1周年を記念して10/30にシンポジウムを開催する。詳しくはこちらこちらを参照のこと

ご参考:私の街のマンションチェック



コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

都市林の木材としての再利用

クルドサック/ラドバーン方式