東京都緑の大賞

「東京都緑の大賞」創設のお知らせを頂戴しました。



この賞は身近な緑化部門/大規模緑化部門/既開発地の緑化部門の3部門を設定し、以下の項目を総合評価で審査するそうです




① 緑の量
地上及び建築物上の緑化面積をより広く確保するとともに、高木などの樹木により量感のある緑化をしていること。

② 景観・美観・デザイン
周辺の緑やオープンスペースとの連続性への配慮、周囲の街並みとの調和、彩りの工夫などにより、緑化による美しい景観を生み出していること。

③ 生物生息環境への配慮
都市緑化を動植物の生息空間(ハビタット)として認識し、植栽樹種や配置等に配慮していること。

④ 緑とのふれあい・安全性・快適性
緑化施設が公開され、地域住民や一般利用者が安全、快適に緑とふれあうことができるよう配慮していること。

⑤ 緑化技術・創意工夫
新たな緑化場所の創出や、維持管理の特段の工夫、新技術の導入など、緑が豊かにいきいきと育つ緑化技術の工夫をしていること。

 

応募スケジュールなど詳細はリンク先をご覧ください。



■参考

http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2010/06/22k6l100.htm





コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS