国内ロングステイ/二地域居住の観光・交通面からの環境整備

国土交通省では、団塊世代退職などに伴うロングステイ/ニ地域居住へのニーズの高まりに対応するため、「国内ロングステイ/二地域居住の観光・交通面からの環境整備に係る実証実験」を開始する。

九州の別府、阿蘇、佐世保などを対象として、短期観光の単なる延長でなく交通、宿泊、滞在中のアクティビティーなど長期滞在特有の課題を抽出し、望まれる環境整備などを検討することが目的となっている。

実証実験の詳細はこちら↓

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010626/02.pdf

ちなみに、佐世保・波佐見の滞在プログラムは以下のとおり。--(転載)

◆かっこいい大人時間を過ごすためのロングステイ~“時間に追われる青二才にはできない過ごし方”

*プログラムA「近代化遺産で音楽三昧・チョイ悪おやじの一週間」
*プログラムB「九十九島で風を学ぶヨット三昧の一週間」
*プログラムC「大人のための島旅~海と土と風を感じる本物ロハスツアー」

ちょっと気になります、、

コメント

  1. 追加情報

    関連資料などの追加情報です

    返信削除
  2. Unknown


    おっと、これです↓

    http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010629_2_.html

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

都市林の木材としての再利用

クルドサック/ラドバーン方式