都市域における山羊を利用した緑地管理活動の研究/ランドスケープ研究



標記タイトルの論文を日本造園学会誌 ランドスケープ研究 vol.75 no.5に投稿しました。

これは「いきものにぎわうまち」への取組の一環で2010年にスタートしたヤギプロジェクトに関する研究論文です。プロジェクトで実施した、植生モニタリングや周辺住民の意識アンケート結果を取りまとめたもので、セイタカアワダチソウなど外来種の減少や、在来草本類の増加などを定量的なデータで示しています。

住民の意識アンケートでは、当初課題とされていた、鳴き声や臭いの問題や、住宅地内にヤギがいる景観の感じ方なども含め考察しています。

ご興味がある方は是非ご覧ください。

5月20日の造園学会全国大会(大阪府立大学)でも共同研究者が口頭で発表予定ですのでご都合のつく方はご参加いただけると幸いです。



 なお、ランドスケープ研究は学会員の方は下記アドレスからオンラインで閲覧が可能です。http://www.landscapearchitecture.or.jp/dd.aspx?menuid=1276

コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail