みどりの学術賞

8月8日 官房長官記者発表より

---

○「みどりの月間」及び「みどりの学術賞」の創設について

 「みどりの月間」等に関する件につき、申し上げます。本日の閣議において、来年から「みどりの月間」を設けるとともに、「みどりの学術賞」を創設することを決定いたしました。これらは、来年から「みどりの日」が5月4日になるに当たり、「みどりの日」についての国民の関心と理解を促進し、「みどり」についての国民の造詣を深めるため、創設することとしたものであります。具体的には、4月15日からの1ヶ月間を「みどりの月間」とし、「みどりの学術賞」の授与式を柱とする「みどりの式典」を開催するほか、各種行事を展開していくこととしております。なお、「みどりの学術賞」は、「みどり」に関する最も権威ある学術賞として、内閣総理大臣が授与することとしております。詳細は、内閣官房副長官補室にお問い合わせください。

コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

都市林の木材としての再利用

クルドサック/ラドバーン方式