羊の除草

 最新(10月号)のLandscape Architecture Magazineの興味深い記事の中に

「羊によるワイン用ブドウ畑の除草」

が紹介されています。

ワイン畑を羊や鶏で除草する取り組みは世界各国で行われており、羊に関してはニュージーランドが先進国のようです。

羊に関してはland & livestock誌でこんなデータも紹介されています。

・1haあたり$335のコスト削減(労賃や燃料費)

・羊がいることで鳥類を呼び込む効果があり、有益な昆虫にも無害

・肥料の提供 COFOs(Chief Organic Feritlizer Officers)なんて呼ばれています

・ブドウ畑の美観向上

・そしてなによりも、自分自身が楽しくなる!



Sheeps in the Vineyard




たしかに、羊はかわいいですね、うちのヤギちゃんたちも毎日草刈りに励んでくれています。

 

■関連リンク

http://digitaljournal.com/article/205466



コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail