ヒツジ除草



新たに取り組んでいるヒツジ除草をウェッブニュースで取り上げていただきました


 


ヒツジ除草を実験導入した那須町のメガソーラー


http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20141104/386500/?ST=msb&P=4


 


同じ草食動物ですが、ヒツジはgrazers、ヤギはbrowsers


特徴が全く異なるので、維持する緑地(草地)の状況によって向き不向きが生じます。


今回の実験でも様々な発見がありました。


牛、馬、ロバ、ヤギ、羊、ウサギ、鶏、エミューなどの中から環境条件、社会条件、コストなどを加味して、適当な除草方法が選択できるようになるとよいですね。


 


那須の様子はいきまち通信にも掲載しています


 


 明日の生物多様性みなとフォーラムでも一部報告しますので、興味のある方はご参加ください。


 


 


コメント

このブログの人気の投稿

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles

商業店舗におけるバイオフィリックデザイン採用のメリット/The Benefits of Biophilia and Greenery in Retail