Biophilic cities/バイオフィリックシティのエッセンス

Landscape Architects Networkの7/4付け記事で、バイオフィリックシティに求められる要素が具体的事例とともに説明されています。


 


たとえば、緑地へのアクセス性


Biophilic cities have abundant nature in close proximity to large numbers of urbanites.”


事例として2030年までにすべての市民が10分以内に緑地にアクセスできるように計画しているニューヨーク市”PlaNYC”などが紹介されています。


他には、自然を感じることのできる静寂な環境整備


”Biophilic cities are rich multisensory environments, where the sounds of nature are as appreciated as much as the visual or ocular experience”


事例としてオスロの光害抑制政策やクワイエットゾーンが紹介されています。


そして、市の予算の話


Biophilic cities invest in the social and physical infrastructure that helps to bring urbanites in closer connection and understanding of nature


もしくは、環境教育プログラムの話


Biophilic cities place importance on education about nature and biodiversity, and on providing many and varied opportunities to learn about and directly experience nature”


他にも、以下が掲載されていました。



  • In biophilic cities, residents feel a deep affinity with the unique flora, fauna and fungi found there

  • Biophilic cities are cities that provide abundant opportunities to be outside and to enjoy nature

  • Biophilic cities take steps to actively support the conservation of global nature


 


筆者は、世界の人口の半数以上が都市に住むようになった現在、世界の都市はバイオフィリックシティになるしかないと力説しています。 


ちなみに、筆者”Joseph Clancy”は、次回の記事で「Top Ten Biophilic Cities」を紹介するそうです。


 


■リンク先


http://landarchs.com/biophilic-city/


http://www.nyc.gov/html/planyc/html/home/home.shtml


 


コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

ASLA Annual Meeting 2017 / Los Angeles