BEATY BIODIVERSITY MUSEUM- Phylo /The Trading Card Game



バンクーバーの博物館”Beaty Biodiversity Museum” で開発された、生物多様性を学ぶカードゲームの話題。

Phyloと名付けられたこのゲームは、ポケモンのトレーディングカードゲームの様な方式で遊ぶそうです。

実在の生物が1種づつカードで紹介されており、それぞれ好まれる生息環境や食物連鎖などが示されており、

適切な生息環境や食物連鎖をカードを使って整備していくことでゲームを進め、油の流出や山火事と言ったイベントカードも交えながら生態系や生物多様性の重要性を遊びながら学べるゲームとのこと

博物館のミュージアムショップで12.99ドルで入手できるとのことです。



水田とかススキハラとかが入っている、日本版も作りたいですね、



■参考サイト

http://phylogame.org/decks/beaty-biodiversity-museum-vancouver/

http://www.beatymuseum.ubc.ca/phylo



コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS