Asian Green City Index



シーメンスはGreen City Indexを開発し、世界の大都市を対象に独立機関による調査を実施しています。

この調査は、以下の8つのカテゴリーで構成されています。


  1. energy and CO2

  2. land use and buildings

  3. transport

  4. waste

  5. water

  6. sanitation

  7. air quality

  8. environmental governance



今週、アジアの22の大都市を対象とした調査結果が発表になりました。シンガポールが1位になったそうです。主な内容は以下のとおりです。




  • アジアの都市はヨーロッパやラテンアメリカと比較して、一人当たりの廃棄物量が低くなっています(375kg/年)

  • 22都市の総電力量の11%が再生可能な資源から作られている。

  • アジアの都市の二酸化炭素の排出量は4.6t/年・人でヨーロッパの5.2t/年人よりも低い

  • 人口密度は6500人/㎢、ラテンアメリカ4500人/㎢、ヨーロッパ4000人/㎢



ちなみに、日本からは東京、大阪、横浜が調査されていますが、他の都市との比較において、3都市とも平均を上回ったそうです。

--(最終結果から転載)

Tokyo: only city to rank well above average in the energy and CO2 category, due largely to its ambitious policies.First Asian city to introduce its own mandatory cap and trade system in April 2010.Aims to cut emissions by 25% from 2000 levels.Pushing for general adoption of the scheme at a national level

Osaka: only city to rank well above average in the transport category; in 2010, Osaka planned to quadruple the number of its so called green “curtains” for the walls of public buildings and “carpets” for the roofs to 485.

Yokohama: one of the lowest water leakage rates; currently building the country’s largest water purification plant using innovative ceramic nano-filtration membrane technology

--





■関連サイト

シーメンスサイト:http://www.siemens.com/press/en/events/2011/corporate/2011-02-Asia.php

最終結果:http://www.siemens.com/press/pool/de/events/2011/corporate/2011-02-asia/asian-gci-presentation-results-e.pdf









コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design

2016 ASLA AWARDS