約1.3兆円の緑の価値/London



サステナ・ラボさんも紹介していますが、英国で新しい街路樹評価手法(The Capital Asset Value for Amenity Trees (Cavat))が開発されました。



これはLondon Tree Officers Association(LTOA)が開発した評価手法で、ロンドン市内のすべての街路樹の価値は計64億ポンド(約1兆3000億円)にも達するそうです。



最高額はバークリースクエア(Berkeley Square)にあるプラタナスで75万ポンド(1億5千万円)と試算されています。また大部分の樹木の価値は8000~12000ポンド(160万円~240万円)だということです。



過去5年間にロンドン市内では4万本もの樹木が伐採されたそうです。LOTAでは、樹木が家に悪影響を与えると多くの人が誤解していると指摘し、Cavatを適用していくことで樹木保全を推進するとのことです。





□関連サイト



London Tree Officers Association:http://www.ltoa.org.uk/



ニュース記事:http://www.mirror.co.uk/news/weirdworld/2008/04/22/britain-s-most-expensive-tree-is-worth-a-whopping-750-000-89520-20391473/



サステナ・ラボ:http://suslab.seesaa.net/





コメント

このブログの人気の投稿

街路樹の日米比較/Leaf Dayなど

バイオフィリックデザイン/Biophilic landscape design